人生は楽しんだもん勝ち!

大型自動二輪免許を取得すると人生が豊かになる理由

2018/09/01
 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

原付は30㎞制限で良いけど、原付専用レーンがあった方がよかばい!

と、思う今日この頃のseiichiです(๑>◡<๑)

いつも読んで頂きありがとうございます(o^^o)

最近、自動二輪を手放して、原チャリ生活が定着してきて、大型の乗り心地がかなり懐かしくなっています。

ではでは、seiichi的に大型自動二輪免許を取得した方が、絶対に人生が豊かになる理由ば説明するけん!


免許取得がめんどくさい

実は、seiichiは大型自動二輪免許を取ったのは、40歳になってからです(笑)

それまでは、頑なに「大型の性能なんて使いきれんけん、中型で十分!」って言ってました(笑)(笑)(笑)

いや、大型自動二輪免許を取りに行けない理由付けをしていました(^◇^;)

「お金が無い」だの、「仕事が忙しい」だのです(笑)

年齢を重ね、所帯を持つとさらに取得が遠のいていきます。

その理由は人それぞれですが、私の理由は二つです。

  1. 教習所にいくお金がない
  2. 免許試験場の試験に「不合格」になるのが恥ずかしい(/ω\)

です(笑)

 

教習所はお金がかかる

自動車教習所に通うには、それなりの「料金」が必要になります。細かい料金は地域によって違うでしょうから、近くの教習所で「大型自動二輪」の教習が行われているかを調べていただき、料金表で調べてください。

私の場合は、普通運転免許と大型免許(自動車)と中型自動二輪免許をもっていましたので、15万ほどでした。所有している免許によって料金に差が出ますが、普通免許と中型自動二輪を持っていると、最安値!で通えます(笑)

最安値といっても15万です!そう簡単に用意できる金額ではないですね!

その金額を用意する方法は・・・

 

ここでは公開できないので、興味のある方はメッセください。

 

教習所は、十数回通う必要があります。私の場合も仕事が終わった後に、職場の近くの教習所に通いました!

雨にも負けず、風邪にも負けなければ、1か月くらいで卒業できます!

 

卒業検定は日時が決まってますので、「有給」を取得してください。(笑)サービス業の方は「希望休」を入れてくださいね!最悪、同僚にシフト変更のお願いです(笑)

 

しかし!

期間も費用も抑えたい方は、運転免許試験場の1発合格をねらってください。長崎県大村市の運転免許試験場では、4,650円で取得できます。

ちなみに、長崎県警のホームページで調べることが出来ます。各県の県警のページでお調べください。

 

免許試験場の試験は自信がない

はい!seiichiも全く自身がありませんでした。(;^_^A

それどころか、バイク歴20年のプライドが「不合格」を受け付けなかったのです(笑)

どんだけプライドが高いんだ!って話ですよ(笑)

 

大型自動二輪の試験に限らず、運転免許試験場の試験には抑えるべきポイントがあります。そのポイントを押さえなければ、合格することはできません。

その合格ポイントを抑える為に、試験場の近隣に1回数千円で受講できる教習所があります。そこで何度か練習して挑んでも、数万円の出費で済みます。

可能な限り費用を抑えたい方は、運転免許試験場の試験と試験場近くにある教習所で数回練習してからチャレンジしてみてください!

実際に練習できる回数は少ないので、しっかり頭の中でのシミュレーションが必要になります。

シミュレーションをするなら、テキストを利用すると良いです!

 

 

取得した時の充実感

これは、取得した方しか経験出来ない体験です。

自動車教習所の卒業検定に無事に合格(自分では満点合格だと思っている)して、免許証の書き換えに必要な書類を貰います。その時は、検定に無事に合格できた安心感を得られます。

まだ、取得したのとは違うので、「いつ試験場にいこうか?」とシフト表やスケジュール表とにらめっこです(笑)

まぁ私は強引に有給をとりました(#^.^#)

そして、いよいよ運転免許試験場での書き換えです。

なんだろう?ちょっとした優越感?

普通運転免許は今では、誰でも持っていておかしくないほどの免許です。特に田舎では、免許がないと超不便です(笑)

長崎も漏れることなく免許がないと生活に支障をきたします(笑)

余談ですが、長崎は原付や原付2種が超便利です!(後日記事にします。)

大型自動車免許は基本的には「仕事」等に必要になる為に取得すると思います。

 

しかし!

大型自動二輪免許は、「生活に必要」でも「仕事に必要」でもありません。(特殊な一部の仕事を除く)

世間一般の人にとっては、ほぼ「趣味」の免許です!

その「趣味」の免許を取得した時の優越感って、たまらないです( *´艸`)

なんと表現して良いのかわかりません(笑)今から取得を目指している方にも味わって貰いたいです!

 

取得した事の再確認

ところが、免許を取得して暫くすると、自分が免許を取得したことが本当の事なのか、分からなくなる時があります。ちょっと不安になるというか・・・なんというか・・・

ここだけの話し、何度免許証を確認したか・・・(笑)

それでもなかなか実感はわきませんでした!

最終的に、大型自動二輪免許を取得した実感が湧いたのは、中古のZZR1100-Dが納車された時でした。

 

大型自動二輪の安心感

自動車教習所での教習は750㏄がメインですから、400㏄に乗った事のある方にとっては、少しパワーがあって、少し大きくなった程度です。

ところが、1000㏄を超えると次元が変わります。

ZZR1100-Dは、既に20年近く経過したバイクです。しかし、発売当時はKawasakiの「フラッグシップ」として世界最速をマークしていた機体です。その性能の詳細はここでは割愛しますが、今でも現役です!

アクセルオンであっという間に制限速度を超えそうになります。

さらに、乗っている時の安定感は、今まで乗った事のあるバイクの中では最高でした。

コーナーを抜けるときのタイヤのグリップ感、加速する時の一体感が最高に気持ち良いのです。

バブル時代の・・・Σ(・ω・ノ)ノ!

じゃなかった(;^_^A

メーカーが本気で世界一を取りに行った機体はさすがに凄い!としか言い表せません!

しかし、その大型自動二輪生活も2年半しか続きませんでした(;^_^A

その理由は後日!

 

大型自動二輪に乗った後の原チャリ生活

大型自動二輪生活から、あっという間原付生活に戻ったのですが、大型に乗ったからこそ分かったことが沢山あります。

それは、どんな排気量のバイクにも乗り方があるということです。

以前は原付の30㎞制限にイライラしていましたが、今はイライラしません。

むしろそれを楽しんでいます。大型には大型にしか見えない世界があります。原付には原付にしか見えない世界があります。

先日、原付ソロツーリングをしてきました!制限速度30㎞でしか見えない景色があります(#^.^#)

大きなバイクで快適にストレスなく走る世界と、ゆっくりのんびり走る世界。

これは、大型免許を取得して、大型バイクに乗ったからことわかる世界です!

私は、大型自動二輪免許を所得することで、スピードを出すことに執着した価値観から、ゆっくりのんびり走ることの大切さを得ることが出来ました(^-^)

大型バイクの加速って、ほぼ凶器です!

それを体験したからこそ、安全運転を意識するようになりましたし、そのおかげで気がついたことがあります。

 

改めて気付く交通マナー

大型自動二輪なら、車にも負けることがない加速感があります。

走ることに関しては、同じ大型バイク以外は敵になりません。

つい、遅い車の後ろであまり車間を取らないことがありますし、遅いバイク(特に原付)をさっさと抜いていくことがあります。

ところが、原付生活になってから、自分の運転がどれだけ周りの人に迷惑をかけていたのかがわかりました。

 

大型自動二輪免許は、国道を走る二輪免許では最高の免許です。

免許を取る為には、中型にはない実技を身に付けなければなりません。

いわゆる、二輪のスペシャリストなのです。

そこを自覚することで、周囲の車両に気が使えるようになりました。

これから大型自動二輪免許を取得する方には是非、そこを理解して頂きたいと思います。

 

まとめ

生活には必要のない「大型自動二輪免許」は、本当に趣味の範疇です。

しかし、二輪を運転する為の最高ランクの免許です。

その最高ランクの技術とプライドを手に入れることで、ライダーとして1ランク成長できるのではないかと思います。

大型自動二輪免許は心の余裕を生む

です!

是非、所得を目指している方は、取得してください!

私みたいに、ビビりの引っ込み思案でも取得できます!

 

愛車の保護に!

この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.