人生は楽しんだもん勝ち!

バイクでやらかしちゃった事ってありますか?俺、あります(笑)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら
誰だよ!電話ボックスに閉じ込められた奴は!

いつも読んで頂いてありがとうございます。

絶対みんなもやらかしてると思って、あえて恥をさらす Knightrider seiichiです。

では早速!

 

電話ボックス閉じ込められ事件

皆さん、電話ボックスって知ってますか?

私と同世代の方はまだわかると思います。

これっす↑これ↑

あれは中型自動二輪の免許を取って、貰ったバイクが修理から戻ってきたことを友達に自慢しようと思った時の事でした。

バイクを走らせて友達に連絡をするのを忘れ、坂の途中に電話ボックスがあることに気が付いたので、Uターンをして電話ボックスの前にバイクを止め、友達に電話をしました。

すると、「がたっ」って音が・・・

そして音のする方を振り向くとΣ(・ω・ノ)ノ!

愛車のCBR250Fが電話ボックスに倒れてきているではないですか!

Σ(・ω・ノ)ノ!Σ(・ω・ノ)ノ!Σ(・ω・ノ)ノ!

そうです。下り坂にギアを入れずに駐車したことで、無人のバイクが前に進むというポルターガイスト現象?がおこり、電話ボックスに倒れてきたのです!

そして、お気づきだろうか?

このドアです!

綺麗に真ん中から分かれてないのです!

開くときに、広い方が少し外に飛び出すのですが、それがなんとバイクのタンクに引っかかってドアが開きません(笑)

はい!パニック!

友達との電話もそっちのけです(笑)

とりあえず電話を切って脱出方法を考えるのですが見つかりません。

片手では250ccでもバイクを持ち上げる事は出来ません。

本当に電話ボックスで夜を明かす覚悟を決めるしかありませんでした。

と、その時、通りすがりの老夫婦が私の異変に気が付いたのです。

2人でバイクを起こしてくれ、ドアが開くようにしてくれたのです(#^.^#)

神様に見えました(#^.^#)

 

でもね、よくよく考えるとその電話ボックスは自宅から歩いて5分(笑)

その時自宅には父がいたわけです。

夜を明かすよりもかなり早い時点で救出の電話ができたのでした(笑)(笑)(笑)

 

バイク屋と燃えた愛車

多分、これは購入したお金が原因だったのではないかと今は思います。

ずっと乗りたかったGSX400S刀。

当時、リーマンスロッターだった私は、スロットで年間収支で+160万を稼いでいました。

もちろん、給料とは別にです。

その稼いだお金から刀を買ったのです。

バックステップにヨシムラのドラッグサイクロンで武装した相棒は、友達のRVFを追い回せるほどでした。

しかし、購入して半年後にレギュレーターの故障で、バイク屋に入院になりました。

不具合箇所の特定と、パーツの納品までに2週間かかり、やっとバイク屋から「明日修理に取り掛かるから、夕方には修理完了してるよ!」と連絡を貰い、もう気分はドキドキワキワキでした。

そして、運命の日の朝。

仕事に向かう車中から、バイク屋を確認し、夕方には取りに行くぞ!待ってろ相棒!と言おうと思ったら、バイク屋の前にパトカーが・・・

急いでいたので、「何だろう?」と思いながらも職場に向かいました。

そして、仕事を開始し入居者さんの体温を測っているとテレビから・・・

「〇〇町のバイク店で放火事件が・・・」の声が。

画面をみるとΣ(・ω・ノ)ノ!

刀のテールが真っ黒こげになっている姿が映ってました・・・

その時の心境がこちら↓↓↓

「・・・・・・・・・・・・・」

です。(笑)

昼にはバイク屋から連絡があり、「放火」であることと「全焼」扱いになるであろうことの説明がありました。

 

が、しかし!

 

が、しかし!

 

翌日にダメ押しが!

翌日は昼からの出勤だったので、昼前にバイク屋の前を通るとなんと!

真っ黒こげの相棒がクレーンに吊るされていましたΣ(・ω・ノ)ノ!

流石に、心が折れました。

欲しくて欲しくて購入した相棒が半年で配車・・・灰車です。

全損で保障の対象になったのですが、灰になった刀以外乗る気になれなかったので、バイク屋に無理を言って、ZRX400を代わりに納車してもらいました。

 

伝説の豪雨

なんと!刀の代わりに納車されたZRX400。

こいつが伝説のツーリングを経験させてくれました!

こちらにも少し書いています。

関連:あった方が絶対によい!ツーリングに必要なグッズ6選

九州全域降水確率0%!

8月の炎天下!

直射日光とアスファルトの照り返し、エンジンの熱で頭と股間が熱されて、30分に一回は休憩をしないとぼーっとしてくるほどでした。

有明フェリーをおり、熊本市内を抜け、阿蘇の外輪山へ!

と、そこまでは炎天下だったのですが、外輪山に入ったとたんに湿った冷たい空気が・・・

あれ?もしかして・・・

と思って5分後。

超豪雨!

登山道が川になるほどでした。

途中のダイハツの販売店の軒先を借りて雨宿りをしていましたが、遠くに見える外輪山にはガンガンに雷が落ちていました。

そんな恐怖の中で、雨脚が弱まった瞬間に宿を目指して再出発したのですが、次に襲ってきたのが、冷感地獄です。

濡れたメッシュジャケットってめっちゃ寒いんです(;^_^A

その後の温泉が超天国でしたが、翌日はクラッチのグリスが抜け、握ったクラッチが自動的に戻らないので、自力で戻しながら走りました(笑)

もう「腕パンパンおじさん」でした!(いや、まだ20代の時の話やし)

これも刀からの流れでしょうか?(笑)

実はZRXでは他にもあります。

 

冷感地獄

これは単純に自分のミスなのですが、唐津城に花見に行った時の話しです。

ネットの掲示板で知り合った九州各地の人達と唐津城で落ち合いました。

待ち合わせが午後だったので、昼前に出発した私は、メッシュジャケットでちょうどよい気温でした。

そして夕方、宴はお開きになり、単車で長崎に向かったのですが、一気に気温がさがり、メッシュジャケットでは凍えるような寒さ・・・

30分走ってはコンビニでホットコーヒーを買って体を温めて、また走るを繰り返し、一体どれくらいの時間をかけて帰ってきたかもう覚えていません(笑)

バイクの場合、暑いより寒い方が問題です。

ドンドン体温が奪われて、あちこち感覚がなくなります。

春や秋は、防寒対策必須です。

 

失敗談大募集!

小さい失敗は他にも沢山ありますが、又の機会にします!

で、皆さんの失敗談を募集します!

送ってくれた失敗談は、このブログの記事にします!

もちろん原文のままです!

みなさんからのメールをお待ちしています!

この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.