人生は楽しんだもん勝ち!

ポジションとアングルは iPhoneやスマホで練習できる!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

街中でローアングルで撮影すると、

もれなく警察官とお友達になれます。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

ローポジション、ローアングルだと足長効果があるので、プリクラにもその機能が欲しいと思う今日この頃ですが、プリクラを撮る機会がないseiichiです。

 

前回、写真の「構図」について話しをしました。⇒「写真の構図はiPhoneやスマホでも十分に勉強できる理由

今回は、さらに素人写真を脱却すべく、ポジションとアングルについて書いてみたいと思います。

 

「構図とポジションとアングル」

 

写真の三種の神器と言われています。

いえ、いま私が勝手に呼びました!でも、この3つを上手く組み合わせれば、今までの写真とは全く違う写真が、iPhoneやスマホでも取れるのです!

 

ポジション

ポジションとは

 位置。地位。部署。

 野球などで、守備位置。またスポーツで、競技中の選手の定位置。「ポジションにつく」

 「建玉 (たてぎょく)」に同じ。

国語辞書より

3は意味が分かりませんが、1と2はわかります。

つまり「位置」ですね!

どの位置にカメラを構えるかで、ハイポジション、アイポジション、ローポジションと変わってきます。

言葉で説明すれば、

「目線より高い位置 = ハイポジション」

「目線と同じ高さ = アイポジション」

「目線より低い位置 = ローポジション」

となります。

分かりやすく絵にすると

こんな感じですね!

このポジションを使いこなすには、可動式のモニターが必要になります。

ハイポジションもローポジションもファインダーは覗けません!(笑)

ローポジションの場合、姿勢を低くすればよいだけなのですが・・・

上等の一眼レフには搭載されているモデルもあります。

以前使っていたカメラには搭載されてました。

可動式モニターのメリットは、運動会などで自分の子供を撮影する際に、人混みの後ろからでも、わが子を狙える点です!(^^♪

 

アングル

アングルとは

角度

国語辞典より

です。

ですから、カメラを構えた位置から、レンズをどの角度にしたかでアングルは決まります。

言葉で説明するなら

構えた位置よりレンズを上に傾けたら「ローアングル」

構えた位置よりレンズを下に傾けたら「ハイアングル」

構えた位置よりレンズを水平にしたら「水平アングル」

です。

絵にすると

こうなりますね!

要するに、下から上に!がローアングル!上から下に!がハイアングルです。

高台から街並みを撮影したり、夜景を撮影する時は、ハイアングルですね(#^.^#)

 

つまり、階段やエスカレーターでのローアングルは・・・

こうなりますのでご注意ください。

いや、決してしないでください。

 

これもiPhoneやスマホで練習できる

当然これも可能です。

ただ、夜景の場合は夜景が綺麗に撮れない可能性がありますので、夜景より風景で練習することをおススメします。

最近のiPhoneやスマホは、防水仕様が多いですよね!

その防水をフルに活用して、水面ギリギリのローポジションから、ローアングルで撮影するとかも可能です!

私のように、防水ではない中古の一眼レフの場合は、水濡れで故障してしまいます(´;ω;`)ウゥゥ

こんな水面ギリギリからの画像も撮れます。

 

ここからは数枚の写真を掲載しますので、何アングルでの撮影かを考えてみてください。

 

 

 

実は一枚だけ、うちの天才写真家の三女が撮影した写真があります。

さて、どれでしょうか?

正解者には、幸せが舞い降りてきます!

 

まとめ

ポジションにしても、アングルにしても、呼び名があるってことだけで、写真を撮影する時って、自然と皆さんやっているのだと思います。

ただ、このポジションとアングルを組み合わせることで、構図を作り出すことができたりします。

注:seiichiはまだできません。(笑)

前回話した構図にしても、今回のポジションとアングルにしても、遊びながら、楽しみながらそのうち出来るようになると良いと思います。

思いがけずにびっくりΣ(・ω・ノ)ノ!するような写真が撮れたらドキドキですよね!

遊びながら練習して、もの足りなくなったら一眼レフを中古から購入する!

だから、iPhoneやスマホで練習することをおススメしています!

写真の質は、どんなに頑張ってもiPhoneやスマホは一眼レフには敵いませんから(#^.^#)

 

今、こんなのあるんですね!練習用に購入しよ!(#^.^#)

 

禁忌事項!

女性の全体像を撮影する時に、ハイアングルだと身長が低く、ずんぐりむっくりに見えるので、出来るだけローアングルで撮影しましょう!

ローアングルだと足長効果があります!

私は常にローアングル足長効果フル活用で写りないです。

胸上のスナップは、若干ハイアングルの方が、小顔効果や顎のラインを隠せます!

自撮りでも活用してみてね!

もちろん、写っちゃいけないものは隠してね!

この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.