人生は楽しんだもん勝ち!

コミュニケーション技術が劇的に高まる2つの方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

外回りの水分補給で立ち寄った自販機で、飲み物の補充をしていたおばちゃんから

「ありがとう。行ってらっしゃい!」

と言われて、元気が出た!

こんにちは!いつも読んでくれてありがとうございます。

何気ない一言にウルウルするseiichiです。

 

仕事でも、プライベートでも、コミュニケーションが苦手って人結構いますよね?

そもそも、何故コミュニケーションが苦手なのでしょうか?

 

それは、「その人を知らない」からだと思います。

そうです。その人を知ることが出来れば、今までよりもコミュニケーションが楽になるのです。

 

seiichiが、介護事業所の実習指導をしていた時に気が付いたことを中心に、苦手なコミュニケーションをちょっとでも克服できるように、お伝えして行きます。

カリスマ 人を動かす12の方法: コールドリーディング なぜ、あの人は圧倒的に人を引きつけるのか? (知的生きかた文庫)

 

コミュニケーション取ってきて!という放置

以前、実習担当をしている時、私はよく実習生に「コミュニケーション取ってきて!」といって、利用者さんのところに行かせてました。

 

それってよくよく考えると、名前しか知らない人の中に放り込むだけですよね!

その結果・・・

実:こんにちは、良い天気ですね。

利:良い天気だね。

実:暑いですね!

利:暑いね。

実:・・・・・・

利:・・・・・・

ってなります(笑)

そしてそれを見て、実習生はコミュニケーションも取れない!って嘆くのです(笑)

 

いやいや、コミュニケーションの方法をちゃんと伝えてない、自分を嘆いてくださいって話ですよ!

 

そもそも、コミュニケーションは技術なのです!ですから、その方法が分かれことで上達するのです!

 

相手を知ることから始まる技術

皆さんは、知らない誰かと話をするときどうしますか?

唐突に、自分の自己紹介をして、自分の趣味の話をしますか?

まぁ、なかにはそんな人も居ると思いますが、ほとんどの人が「共通点」を探りませんか?

何故、共通点を探るかというと、共通の話題があることで、話を続けることが出来るからです。

例えば、私の場合はバイクが趣味だったりします。

私と会話を続けるならバイクの話題を出すと、バイクについて色々と話が出来ます。

介護サービスなら、その方の「記録」や「情報提供書」があり、その人の事を事前に知ることが出来ます。

そのような書類から、話が出来そうなキーワードを頭に入れて、コミュニケーションに挑むのです。

つまり、

「その人を知らなければコミュニケーションは取れない」

ということです。

実習生の話に戻りますが、利用者とコミュニケーションを取ってもらう為には、まずは、その方の情報を実習生に与えて、コミュニケーションに挑ませることが大切です。

 

コミュニケーションの方法を知る

コミュニケーションは大きく分けて二種類あります。

  1. バーバルコミュニケーション(言語的コミュニケーション)
  2. ノンバーバルコミュニケーション(非言語的コミュニケーション)

です。

バーバルコミュニケーションは、言葉や文字で行うコミュニケーションですから、みなさんも普段から行っていると思います。

どちらかというとこっちに依存しているのではないでしょうか?

 

次に、ノンバーバルコミュニケーションですが、これは、身振り手振りや目線、声のトーンなどです。

実は、普段からコミュニケーションの中でこのノンバーバルコミュニケーションはフル活用しているのですが、ほとんど無意識のうちに行っています。

このノンバーバルコミュニケーションを意識するだけでも、コミュニケーションの技術はかなり向上します。

 

なかなか文章では表現しにくいのですが、下記の二つの文章を比較してみてください。

おはようございます。今日はとても良い天気ですね。一日元気よく過ごしましょう。
おはようございます(^^♪今日はとても良い天気ですね(#^.^#)一日元気よく過ごしましょう!(^^)!

どうでしょうか?

ん?全く分からない?

それは受け付けられません(笑)

というのは冗談ですが、文章でも、「顔文字」を入れるだけで、文章の印象は違ってきます。

つまり、リアルコミュニケーションの場面では、表情や目線、身振り手振り、声のトーンを意識することで、相手が受け取る印象が変わります。

 

エネルギーのキャッチボール

コミュニケーションはエネルギーのキャッチボールです。

良いエネルギーを送ると、良いエネルギーが返ってきます。

悪いエネルギーを送ると、倍返しだ!です。

 

つまり、コミュニケーションに問題がある場合は、多くは「エネルギーを送る側」に問題があります。

送る側のエネルギーが中途半端なら、中途半端なエネルギーしか返ってこないのです。

 

コミュニケーションが上達する2つの方法

ここまで読んで頂ければもうお分かりだと思いますが、コミュニケーションを上達させる為に最低限必要な事はたったの2つです。

  1. 相手の事を知る
  2. ノンバーバルコミュニケーションを意識する

この2つを行うだけで、今のコミュニケーション能力が数倍に跳ね上がります!

兎に角コミュニケーションが苦手と言う人は、この2つを実践してみてください。

特に、相手の情報をきちんと把握すると、話が途切れても、次の話題に切り替えることが出来ます。

コミュニケーションが得意な介護職員さんの殆どが、利用者さんの情報を頭の中にインプットしています。

ですから、話を続けることが出来るのです。

 

実は3つ目が存在した!

今回は、コミュニケーションの技術として最低限必要な2つに絞って話をしました。

コミュニケーションの技術にはまだまだ細かい技術が存在するのですが、一度に沢山伝えても、実践出来ないでしょう。

このブログでは、直ぐに実践出来る事をより簡単に記事にしていきたいと思います。

今まで苦手だったことが少しでも、改善されたら、楽しくなりませんか?

人生は楽しんだもん勝ち!です!(笑)

と、少し話がそれましたが、実はコミュニケーションには、技術ではない方法が存在します。

 

その3つ目の方法は「相手を好きになる」ことです。

 

皆さんは、好きな人が出来たらどうしますか?

四六時中その人の事を考えていませんか?

そして、その人の情報を小さなことでも収集しませんか?

 

そうです!

相手に興味を持つと自動的に情報が頭に入ってくるのです!

3つ目は、「相手に興味を持つこと」です。

 

ただ、この部分に関しては、「技術」ではどうにもなりませんので、技術としてはお伝えしません。

どうしても馬が合わない人には興味すら湧かないからです。

なので、この3つ目は番外編ですね!

 

まとめ

今回は最も重要は2つの技術と1つの番外編な方法をお伝えしました。

相手の知ることと、ノンバーバルコミュニケーション(非言語的コミュニケーション)を意識することです。

それと、相手に興味を持つことです。

早速明日から始める事が大切ですので、実践してみてくださいね!

何事も、読むだけで実践できなかったら、無駄な知識になりますので!

ノンバーバルコミュニケーションの細かい技術については、後日記事にしますね!

この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.