介護職が認知症高齢者に使ってはいけない3つのNGワードとは

認知症
「認知症」という言葉を知らない介護職は居ないと思います。
しかし、認知症を理解している介護職はどれだけいるのでしょうか?
今日は、現場で何気なく使っている言葉で、実は認知症の方が傷ついている言葉をお伝えしたいと思います。
 
人生は楽しんだもん勝ち!ドキドキワクワクした人生を送りたい!そんな人生を本気で目指している、ドキドキlife seiichiです。
 

何故NGワードを使うのか?

スポンサーリンク
簡単に言うと「認知症の記憶障害を理解していないから」です。
「知っている」と「理解している」では大きな違いがあります。知っていても、実践出来ていなければ何の意味もありません。
認知症の記憶障害を理解している介護職員は、NGワードを使わないように工夫し、その工夫が技術として身につくのです。
 

これが認知症高齢者に使ってはいけない3つのキーワードだ!

「覚えてる?」

認知症の中核症状で皆さんもご存知なのが記憶障害です。記憶障害には、「短期記憶障害」と「長期記憶障害」があります。
その短期記憶障害は「出来事」を記憶することが出来なくなります。
例えば、皆さんの好きな花見などのイベントです。これらのイベントに参加しても、何に参加したのかわかりません。
ですから、「覚えてる?」と尋ねても覚えていないのです。
 
覚えていませんが、そこで「覚えていない」と答えては相手に迷惑をかけると考える高齢者は、「覚えているよ!」と返答します。
それが、実はストレスになるのです。
皆さんも、覚えていない事を尋ねられるとストレスになりますよね?
 

「さっきも言ったよね!」

認知症の記憶障害を考えると、この言葉もNGワードです。
認知症の人が繰り返し同じことを尋ねるのは、不安を解消する為です。
その不安とは、記憶できないことで未来を予測できないことから起こります。
 
ですから、何度も確認をするのです。
その行動に、「さっきも言ったよね?」と言われても、覚えていないのですから、本人は何のことか分かりません。
つまり、覚えていないことを言われても、不愉快なのです。
 

「何度も聞きました!」

先ほどから何度も説明をしていますが、記憶できないのですから話したことを何度も繰り返し話します。
あえて、上記の下線部分の言葉を使いましたが、記憶障害のない皆さんでも、少し不愉快な思いをされると思います。
 
記憶障害があり、大切なことや伝えたいと思っていることを伝えたら、「何度も聞きました!」といわれると、みなさん以上に不愉快な思いをするでしょうし、「始めて話したのに!」と怒る人も出てくると思います。
 

まとめ

このように、認知症の記憶障害と、その記憶障害で起こる認知症の人の心理がわかると、3つのNGワードは使わないようになってきます。
もし、このブログをみた後の、この3つのNGワードを使っている介護職の人が居たら、認知症の勉強をしていない人だと、心の中で笑ってください。
 
 
では、今日はこの辺で!
 
ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました