人生は楽しんだもん勝ち!

これだけは備えたい防災グッズ10選

2018/09/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

「天災は忘れた頃にやってくる」

と言いますが、最近の天災は2重3重でやってきます。

いつも読んで頂いてありがとうございます。

市民自主防災リーダーのseiichiです。

 

このブログを今日書く予定にしていたら、本日未明に北海道で震度7の地震が発生しました。

私も北海道に友人がいるのでとても心配ですが、本人はちょうど県外に出ていたので地震の影響はなかったようです。災害にあわれた方々が1日でも早く普通の生活に戻れますように、遠い長崎の地より祈っています。

 

「市民自主防災リーダー」

これは、自治会の副会長をすることになって初めて知りました。簡単に言えば、災害発生時に、自分の所属する自治会の加入者を避難誘導する係です。

その為に、市が主催する研修を二日間受けて、ヘルメットやロープ、腕章などのグッズを頂きました。

研修を受けてから、災害が起こる度に自分の住む町で災害が発生した時に、自分に何が出来るだろう?と考えます。

そんな中、自主防災リーダーとして、災害時に絶対にあった方が良いと考えるグッズや備える場所について、seiichiなりの考えをお伝えしたいと思います。

 

備える場所

防災グッズを備える場所ですが、それはズバリ

「寝床の枕元又は足元」

です。

今回の北海道地震でもそうですが、実際に地震が発生したのは、深夜です。(明け方の方が表現があっているかもしれません。)

寝ている時に突然地震に襲われる。又は、暴風雨に襲われる。水害に襲われる・・・

1秒でも早く、安全な場所に避難しなければなりません。

そんな中で、防災グッズを探す時間は勿体ないですから、直ぐに持ち出せる場所が「寝床の頭元又は足元」です。

日中に災害が発生した場合は、起きている可能性が高いので、冷静な判断が出来るでしょうから、寝室でも問題ありませんね!

寝床がどうしても嫌な人も居ると思います。

そんな人の場合は、「玄関」です。

室内から脱出する場合に一番使う確率の高い出入口です。

逃げ出す為に通る通り道に備えていれば、タイムロスをなくすことも出来ます。

「寝床の頭元又は足元」「玄関」

このどちらかに、設置してみてください。

 

防水リュック

防水リュックは私は普段からお世話になっています。

私の場合は、ビジネス3ウェイバックがリュックになって防水になっています。

バイクで外回りをしていて突然の雨でも中の書類を濡らすことなく守ってくれます。

災害の場合、洪水や津波も想定されます。

その場合にとっても役に立つのが、完全防水のバックです。

最悪、短時間なら浮き輪の代わりにもなりますので、そのバックを背負っていれば、水に沈むことがありませんから、少し流されながらでも、避難できそうな場所を探すことも出来ますし、誰かが気がついて助けてくれる可能性も高くなります。

高い防水リュックが性能が良いのは当たり前ですが、安くても十分に活躍してくれます。
おすすめはこれです。

 

マリンシューズ

災害が発生した時に、絶対に必要なのが「靴」です。

地震の場合は、ビルのガラスが散乱している可能性もあります。

昼間なら、まだ見分けがつく可能性がありますが、夜間になり停電しているとなかなか見分けることが出来ません。

さらに、水道管が破裂して水が噴き出しているところもあると思います。

大雨や洪水の場合は尚更、水に進路を阻まれます。

そんな時マリンシューズはその能力をフルに発揮します。

滑らず、濡れても水はけのよい作りになっています。

陸でも水中でも活躍する「水陸両用」です。

おすすめはこちらです。

海水浴で、マリンシューズを使った事のある人は、その性能を知っているはずです!

 

防刃手袋&アームカバー

先ほどマリンシューズのところでもお伝えしましたが、災害時にはガラスや金属片は何処に潜んでいるか分かりません。

さらに、衛生面のよくありません。

その中で、傷を負うと普段怪我をするのとは違って、リスクは数倍に跳ね上がります。

災害時は怪我をしないに越したことはないのです。

一番怪我のリスクにさらされるのが、腕と足です。

特にまだまだ暑いこの時期は、半袖で非難する可能性もあります。

そんな時に活躍するのが、防刃手袋とアームカバーです。

これがあると無いでは、避難時の安全度が段違いです。

是非加えていただきたいグッズです。

おすすめはこちらです。

 

LEDライト

これは、もう皆さんもわかっていると思います。

LEDライトですね!

ただしこれもちゃんとしたものを選ぶ必要があります。

この流れから、もうお分かりの方のいると思いますが、普通のLEDライトではありません。

そうです!

「防水LEDライト」です。

しかもヘッドライトです!

何故ヘッドライトかと言うと、理由は簡単です!

両手が使えるからです!

両手が使えるか使えないかでも、助かる確率が大きく変わります。

ですから、ヘッドライトは必ず準備してください。

おすすめはこちらです。

安全な場所にたどり着いたらこちらです。

 

サバイバルシート

これは、防寒・保温シートの事です。

これから寒くなる時期には必ず必要になりますし、夏でも水に濡れた体は体温を奪われる可能性がありますので、保温する必要が出てきます。

そんな時に必要になります。

内は5人家族なので、最低5枚は必要ですので、必然的に5枚セットになります。

そんなにかさばるものでもないので、多めにもっていても良いと思います。

おすすめはこちらです。

 

エアマット

安全な場所に避難できたとしても、地面がコンクリートだったり、アスファルトだったりします。

さらに、避難所の床はほとんどがフローリングです。

肉体的にも身体的に疲労困憊の状態ですから、少しでも快適に過ごせるようにしたいと思います。

その時に役に立つのが、エアマット(防災用)です。

避難所で、寝具が配布されても、その寝具の上で使えばよりふかふかになります。

おすすめはこちらです。耐水性もあります。

 

簡易トイレ

避難所まで無事に避難出来ればよいのですが、一時的に安全な場所に身を寄せなければならない時もあると思います。

その時の困るのがトイレです。

万が一の場合に、準備していて困ることはありません。

おすすめはこちらです。

 

カロリーメイト

これは個人的な趣味もありますが、避難中に食べ物が届かない期間に一時しのぎをしなければなりません。

水が必要なものは、飲料水を減らす原因になりますし、レトルト食品は重量が増えます。

その事を考えると、カロリーメイトは優秀な食品です。

若干、口の中の水分をもって行かれますが(;^_^A

おすすめはこちらです。

これもおすすめです。

水は、生きていく為には必ず必要なものです。

しかし、一番重量があり運びにくいです。

ですが、全体に外せないものです。

出来るだけ体力のある大人が運ぶようにする必要が出てきます。

おすすめはこちらです。10年保管できます!

 

まとめ

本当に天災はいつやって来るか分かりません。

ですから、まだ準備出来ていない方は、今すぐにでも準備してほしいです。

そして、必ず人数分用意してください。

人数分用意しなければ、助からない場合もあります。

一つずつ準備するほうが、無駄が無く良いと思いますが、それが面倒な方はセットを購入しても良いと思います。

ただし、セットを購入した場合は、必ず中身を確認して、使い方を把握してください。

 

番外編

災害に備えて、食品を備蓄することがあると思いますが、食品を備蓄する場合は、普段から良く食べる食品で、長期間保存の出来るものを少し多めに購入することをおススメします。

例えば、春雨とかそうめんとかです。

賞味期限が迫っているものから消費すれば無駄になりません(#^.^#)

皆さんも転ばぬ先の杖です。早めに準備してくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.