人材育成の課題解決に必要な事は「失敗体験」

人材育成
どんな職場でも苦労をするのが「人材育成」だと思います。
実際に、どのように人材を育成していけばよいかわからない管理職も多いと思います。今回は、そんな管理職の為に、人材育成を簡単にする方法をお伝えしたいと思います。
 
人生は楽しんだもん勝ち!ドキドキワクワクした人生を送りたい!そんな人生を本気で目指している、ドキドキlife seiichiです。
 

問題点は、様々な人材育成方法

スポンサーリンク
コーチングやティーチングなどの育成方法は沢山ありますが、実際にはなかなか実践出来ないのが事実です。何故、上手く実践出来ないのでしょうか?
それは、指導方法が複雑で、指導を行う管理職も指導技術を身に着けていないことが原因の多くです。現場の管理職は、現場業務を行いながら、人材育成を行っている方が多いと思います。
現場の業務を行いながらとなると、なかなか人材育成に時間を取ることが難しくなってきます。
「とりあえず利用者さんとコミュニケーションとってて」「あの職員のレクの手伝いをして覚えて」「見よう見まねでよいからやってみて」など、間接的な体験は出来ても、直接的な指導が出来ていないのが問題です。
では、どのように育成を行っていけばよいのでしょうか?
 

成功体験を実践させることは間違い?

良く、成功体験を実践させるために、担当者について実習を行います。
しかし、その成功体験が本当に有効なのでしょうか?指導担当者の「成功体験」は、あくまでもその人の成功体験です。
 
つまり、その人の価値観や知識、技術などの積み重ねから、その成功につながっているのですから、新人職員が表面的な物まねを行っただけではうまく行きません。
私達が相手をしている方は「人間」です。その時の状況によって変化します。その変化に対応できるようになるためには、指導者の成功体験を物まねするだけではなく、その職員に考えて行動してもらう必要があります。
 

成功体験は積み重ねのもの。

他者の成功体験を実践するだけでは、成長にはつながらないと前の項目で書きましたが、成功体験は積み重ねることは大切です。
成功体験の積み重ねが、経験値になり、その経験値から「判断」出来るようになります。それが「価値観」となり、自分の価値になっていきます。
つまり、経験させなければ、人材は成長しないのです。様々な事を考えて実践して、成功と失敗を繰り返すことが重要なのです。
 

必要なものは他者の「失敗体験」

先ほどの見出しの中で、「成功と失敗を繰り返す」ことが成長につながると話しました。しかし、「失敗は時に、職員を叩きのめす」ことがあります。十分自分でリカバリーできる失敗ならどんどん失敗してよいでしょう!しかし、自分一人でリカバリーできず、会社に損益を与えるような失敗は、出来るだけしなくて良いと思います。
ですから、指導者が体験して失敗体験を、部下や後輩に伝え、同じことを繰り返さないようにする必要が出てきます。
成功体験を積み重ねる為に必要な事は「大きな失敗体験」をさせないことです。
 

成功体験より失敗体験

先ほどから何度もお伝えしていますが。人材育成に必要な事は「失敗体験」です。
失敗体験には、経験すべき「小さな失敗」と「経験しなくてよい大きな失敗」があります。
 

経験すべき小さな失敗

自分でリカバリーできる小さな失敗は、沢山経験し、その失敗をリカバリーして「成功体験」にしていくことが重要になります。
ですから、指導を行う際には必ず、小さな失敗をさせて、「リカバリーする方法を考えさせる」ことが重要になってきます。
この「考えさせる」時間を取らなければ、その職員はいつまでも成長せずに「指示待ち部下」のままです。
 

経験しなくてよい大きな失敗

大きな失敗をすると、仕事の対する向き合い方が変わってきます。人によっては「退職」を選択する場合もあります。
ですから、大きな失敗は、指導職員の体験談として何度も話す必要があります。何度も話、「疑似体験」をしてもらえばよいのです。
その疑似体験を通して、考える時間を作り、万が一の時に備えさせることが重要になってきます。
 

まとめ

人材育成には「成功体験」と「失敗体験」が必要になってきます。
しかし、他人の成功体験は、まったく当てにならないので、「自分の成功体験を積み重ねる必要がある」のです。
その、成功体験を重ねるためには、小さな失敗体験をリカバリーし成功体験に変換する必要があります。
大きな失敗体験は、出来るだけ経験しないようにし、指導者や先輩からの話で疑似体験で済ませ、万が一をシミュレーションしておく必要があります。
 
いかがだったでしょうか?誰しも失敗はしたくないものですが、失敗から学ぶことは多いです。
しかし、大きすぎる失敗は、その職員をつぶしてしまう可能性があるので疑似体験で済ませてあげてください。
 
少し哲学的になりましたが、今日はこの辺で!
ありがとうございました。(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました