マイナンバーカードを作成して、マイナポイントをゲットしよう!

生活

2016年からスタートしたマイナンバーカード。現在の普及率は20%未満であるとニュースでも取り上げれています。

そんなマイナンバーカードですが、2020年9月1日よりマイナポイントがスタートしました!

その目的は、マイナンバーカードの普及の為ともいわれています。マイナポイントの還元率は最大25%!(上限5,000円)です。

そう!国が最大5,000円を国民にプレゼントしてくれるのですから、この機会にマイナンバーカードを作成して、マイナポイントをきっちりもらいましょう!

人生は楽しんだもん勝ち!ドキドキワクワクした人生を送りたい!そんな人生を本気で目指している、ドキドキlife seiichiです。

 

マイナポイントって何?どうやったらもらえるの?

スポンサーリンク

マイナポイントとは、マイナンバーカードを所有している国民で、キャッシュレス決済を利用している方に、国が最大5,000円を還元する取組です。

このマイナポイントが始まった理由の一つが、「マイナンバーカードの普及」です。

マイナンバーカードが始まって4年が経過しましたが、いまだにその申請率は20%を超えていないのが現状なのです。

その原因は、申請のめんどくささと、申請してからの受け取りのめんどくささ、マイナンバーカードを作成する意味が分からないなどあると思います。

中には、12桁の数字で管理されたくないなど考えている人もいると思います。

今日は、マイナンバーカードを作成から、マイナポイントの申請までをわかりやすく簡単にお伝えしたいと思います。

 

マイナンバーカードを作成はちょっと面倒。

マイナンバーカードの申請は、スマートフォンがあると自宅でも行えます。

「マイナンバー通知カード」に記載されている「QRコード」をスマートフォンのカメラで読み取り、手順に沿って申し込みを行っていきます。

この時にseiichiが失敗したのが、「証明写真」です。

スマートフォンで撮影することが出来るのですが、背景に「物」が写り込むと申請後に提出し直しの連絡が来るので、白い背景の壁などの前で撮影することをおススメします。

さらに、化粧や身だしなみを整えてている状態で撮影してくださいね!私の場合は、肌着で撮影してしまって、他人には見せられない写真になってしまいました・・・(マイナンバーカードを他人に見せる事はあまりないと思いますが(;^_^A)

スマートフォンによる申請の他に、パソコンや街中の証明写真機や郵送でも申請出来ますが、スマートフォンが一番簡単に申請出来ます。

その他の方法については、こちらを参照ください⇒「マイナンバーカードの作り方

 

マイナンバーカードの受け取り。

マイナンバーカードの申請を行って、1か月ほど経過すると、受け取りの案内がハガキで届きます。自宅近くの「地域センター」にて受け取ることが出来ます。

その際にも、少し時間がかかりますので、時間の余裕がある時に受け取りに行く必要があります。

また、マイナンバー通知カードとの引き換えになりますので、ハガキと通知カードと身分証明書、認印は必ず持参した方が良いです。さらに、暗証番号を決める必要がありますので、きちんと考えて置いてください。

 

ここでポイント!

人の沢山集まる「地域センター」は超時間がかかるので、市役所内にある地域センターは避けましょう!受け取りだけに1時間かかりました(;^_^A

 

マイナンバーカードのメリット。

折角作ったマイナンバーカードですが、活用しなければ意味がありません。

ここでは、マイナンバーカードのメリットをお伝えします。

コンビニで住民票や印鑑証明が取得できる!

生活をしていると時々必要になる「住民票」や「印鑑署名」。

仕事をしていると日中に地域センターに行く時間がない人も少なくないと思います。

土日の取得できる窓口も限られています。

そこで活躍するのが「コンビニ」です。

コンビニであれば、仕事が終わってからでも、休みの日でも取得できるのです(#^.^#)

これ、実はめちゃくちゃ便利です。

プライベートで印鑑証明が必要になり、マイナンバーカードを持っている私はコンビニで取得しましたが、家内はマイナンバーカードを持っていない為、仕事の昼休みを潰して取得してきました。何故か「卑怯者!」と言われました(笑)

(近々家内も、子供達もマイナンバーカードの申請予定です。)

本人証明が、マイナンバーカード1枚で済む。

色々な場面で必要となる「本人証明」。

時には、写真付きの運転免許証1枚で済まずに、健康保険証等を合わせて2種類必要になることもあります。

しかし、マイナンバーカードはたった1枚で済むことが殆どです。

1枚で済むって超便利!

確定申告にも必要!

本業とは別に「講師」の仕事をしているseiichiにとって、毎年の確定申告は恒例イベントです。ICカードリーダーは必要になりますが、電子申告を行う場合、e-Taxよりも手間が省けるので、来年の確定申告は、自宅で行う予定です(#^.^#)

今ならマイナポイントの還元がある。

そうそう!このブログで一番紹介したかったのがこれ!

「マイナポイント」

マイナンバーカードとキャッシュレス決済を紐づけすることで、最大5,000円の還元が受けられるのです。これは申請しないわけにはいかないのです!

 

マイナポイントの申請

2020年9月1日から始まった、マイナポイントの申請。

マイナンバーカードがあれば、簡単に申請出来ます!

準備する物は、「マイナンバーカード」と「スマートフォン」と「一番利用しているキャッシュレス決済」です。

まずは、スマートフォンに「マイナポイントアプリ」をインストールします。

アプリを立ち上げ、後はアプリの指示に従って手続きを進めるだけです。

キャッシュレス決済の登録が完了したら、「チャージ」や「決済」を行うだけです!

ここでポイント!

各キャッシュレス決済によっては、マイナポイントに登録することで、キャッシュレス決済事業者からも還元が受けられる場合があります。

自分が紐づけしようと考えているキャッシュレス決済がマイナポイントの還元があるか調べてみてください。

ちなみに、Dカードやaupayは還元があるみたいですよ!自治体でも行ってところがあるので、各自治体のマイナポイントの取り組みを調べるのも良いと思います。

seiichiは、なにも調べずに「nanaco」を登録しました・・・

一番利用するのがnanacoだったので(;^_^A

参考:マイナポイント事業

 

まとめ

マイナポイントを獲得するには、マイナンバーカードが必要です。

マイナポイント事業は、2020年9月1日から2021年3月31日までの事業です。

今からマイナンバーカードの申し込みをしても、受け取りまでに1か月以上かかる場合もあります。

のんびりしている暇はありません!

マイナンバーカードを持っている人は、今すぐマイナポイントの申請を!

マイナンバーカードを持ってない人は、今すぐマイナンバーカードの申請を!

貰えるものは貰って、少しでも得をしましょう!

 

では、今日はこの辺で!

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました