人生は楽しんだもん勝ち!

認知症の発症・進行のリスクを劇的に減らす方法とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

認知症は、発症や進行のリスクを減らすことが出来ます。その方法って知ってましたか?

 

こんにちは!いつも読んで頂きありがとうございます。

本格的に私自身も認知症予防に取組まないとやばいと感じている、seiichiです。

 

今回は、皆さんが一番興味があるのではないかと思う「認知症の予防について」書いてみたいと思います。

 


 

認知症は脳の病気

以前、

認知症ケアは原因疾患をきちんと理解することから始まる!

でもお伝えしたように、認知症は脳の病気です。

認知症の定義は、

「一旦正常に発達した認知機能が、何らかの原因で低下し、日常生活に支障をきたす状態」

です。

つまり、認知機能を保つことが出来れば、認知症の発症や進行もある程度予防できるという事になります。

要するに、脳を健康に保つことが重要ということです!

 

脳の健康を保つ為に必要なことは、まず血管の健康

脳に栄養と酸素を送っているのは、「血液」です。

脳の栄養は「糖」と言われています。

その糖と酸素を運ぶ血液を通すのが、「血管」です。

血管が健康でなければ、血管が詰まりやすくなったり、切れやすくなり、脳の隅々まで血液を運ぶことが出来なくなり、脳が委縮したり、脳梗塞や脳出血のリスクも高まり、認知症が発症したり急激に進行したりする可能性も出てきます。

では、血管を健康に保つ為に必要な事は何でしょうか?

 

脳血管に悪影響を与えるもの

脳の血管に一番悪影響を与えるのが、「生活習慣病」と言われるものです。

生活習慣病とは、高血圧、脂質異常症、糖尿病などを言います。

これらの生活習慣病は、脳の血管に影響を与えるだけではなく、狭心症や心筋梗塞、脳卒中など直接「」に繋がる病気へのつながる、恐ろしい物です。

認知症より遥かに「死」に近い病気の原因にもなります。

このような病気にもならないように、生活習慣病は予防しなければならないと思います。

 

生活習慣病の原因

生活習慣病の原因は下記の通りです。

  1. 偏った食事
  2. 運動不足
  3. 喫煙
  4. 飲酒
  5. ストレス

などです。

みなさんどうでしょうか?

一つでも当てはまるものがあれば注意が必要です。

私は、3つ・・・

いや、4つ?当てはまっています(;^_^A

かなりやばいですね。

では、何がやばいのかを見て行きましょう!

 

偏った食事のリスク

特に塩分の多い食事に偏ると、高血圧のリスクが高くなると言われています。

糖質の多い食事は糖尿病のリスクが高まります。

資質の多い食事は脂質異常症のリスクが高まります。

 

つまり、

「血管が切れやすくなったり、詰まったりしやすくなるリスクが高まる」

という事です。

 

塩分、糖質、脂質を控える必要はありますが、「摂取しない」事も逆にリスクになりますので、野菜や果物なども取り入れ、塩分・糖分・脂質を控えめにしたバランスのよい食事を摂ることが重要です。

 

「美味しい物は、脂質と糖で出来ている。」

 

この言葉が身に染みる今日この頃です(笑)

 

運動不足のリスク

特に、普段身体を動かさない事務職の方などはリスクが高くなります。

運動不足のリスクは、筋力が衰える、骨が脆くなる、心肺機能が低下する、太るなどのリスクが高まります。

 

筋肉は、使わなければ退化します。特に脹脛の筋肉は「第二の心臓」と言われるくらいですから、下半身に流れた血液を上半身へ戻す働きがあります。

骨は、ある程度負荷をかけなければ脆くなります。

運動をして、呼吸を早くすることや心拍数を上げることで、心肺機能は鍛えられます。ジョギングをしていると、初めは苦しくて続けて走ることが出来なかった距離が、段々と走れるようになります。

さらに、運動をして脂肪を燃焼させなければ、肥満になります。

肥満は生活習慣病の入り口です!(いや、もう入ってるかな?)

 

週に2~3回、30分以上のウォーキングがおすすめです!

 

喫煙のリスク

seiichiは、8年前に禁煙に成功しました!

禁煙に成功した成功体験は、どこかでコラム的に書きたいと思います。(笑)

喫煙をすると、体中の毛細血管が収縮して、末端まで血液が流れなくなります。

喫煙が終わると毛細血管の収縮は治まるのですが、喫煙を繰り返すたびに収縮は起こります。

それは脳の中でも同じで、脳の毛細血管も収縮して血液が流れなくなります。

タバコのニコチンは、中枢神経にはたらきかけて血管の収縮、血圧の上昇、心拍数の増加をもたらします。

さらにタールは発がん性物質です。タバコにはニコチンやタール、一酸化炭素以外にも、50種類の発がん性物質が含まれていると言われています。認知症の発症の要因になるだけではなく、様々な病気の原因にもなります。

 

飲酒のリスク

お酒は百薬の長

と言われる時代は、既に終わっています。

適量の飲酒」であれば、リスクを増やすことなく飲酒を楽しむことが出来ますが、その「適量」を超えると、一気にリスクは高くなります。

適量については、人それぞれ体質等はありますので、一概に「〇〇」とは言えませんが、「血中アルコール濃度が0.1%」と言われていますので、ビールだと500mlが目安になります。(詳しくは、「飲酒 適量」で検索して頂くと様々なサイトが出てきます。)

飲酒は量が増えれば増えるだけ、様々なリスクが増えてきます。

皆さんが良く知っているところで話せば、肝臓を悪くします。他にも様々な病気を発症します。

さらに、飲酒中は脳も麻痺状態になっています。ですから正常な判断が出来ない事もあります。

認知症の原因疾患に「アルコール依存症」があります。アルコール依存症になると一気に認知症のリスクが高くなるのです。

アルコールは程よく適量を守る守ることが大切です。

 

ストレスのリスク

全てのストレスが、リスクになるわけではありません。

適度なストレスは、やる気が出たりします。(#^.^#)

ここで問題なのは「過剰なストレス」のリスクです。

過剰なストレスは、自律神経を不安定にします。

自律神経が不安定になると、心拍数が上がったり、血圧が上昇したり、呼吸が不安になったり、脳の機能を低下させたりし、ひどくなると「うつ病」の他「脳卒中」などを引き起こすこともあります。

さらに脳の不調は、消化器系の不調も引き起こすといわれ、癌などのリスクも高くなります。

ストレスを減らす簡単な方法の一つが「睡眠」です。

ストレスについては、このブログで取り上げたいと思いますので、首を洗って・・・

じゃ、なくて、首を長くしてお待ちください。(次の次くらい更新します。)

 

まとめ

ここまで読んで頂い方は既にお分かりと思いますが、認知症の発症や進行のリスクを減らす方法は、自分自身の健康を保つ事です。

心と体の健康を保つことが出来れば、発症を遅らせたり、進行を遅らせる事も出来ます。

例えば、もう既に生活習慣病に片足を入れている人も、認知症の発症は避けられないかもしれません。

しかし、発症のタイミングを遅らせる事は出来るかもしれません。

また、既に発症している人も、進行を遅らせることで、少しでも長く今の生活を送ることが出来るかもしれません。

健康になることは努力が必要ですが、その努力の結果が長く元気で過ごせることに繋がるのであれば、健康になる努力はする価値があると思います(#^.^#)

 



この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.