人生は楽しんだもん勝ち!

最強トレーニングシューズ!ビブラムファイブフィンガーズの魅力!

2018/11/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

このシューズを履いていると必ず

「キモッ!」

って言われます(笑)

確かに見た目は気持ち悪いです(笑)

いつも読んで頂いてありがとうございます。

人生は楽しんだもん勝ち!ドキドキワクワクした人生を送りたい!そんな人生を本気で目指している、ドキドキlife seiichiです。

ウォーキングにマラソン、その他のどんなスポーツでもそうですが、必ず必要になってくるのが「基礎トレーニング」です。

その基礎の中でも最も重要な部分が「足」です。

その足を効果的に鍛えることが出来るのが「ビブラムファイブフィンガーズ」です。

今日は、ビブラムファイブフィンガーズのメリットとデメリットについてお伝えしたいと思います。

ファイブフィンガーズのメリット

裸足感覚

ビブラムファイブフィンガーズのソールは超薄いです。

通常のシューズはソールに厚みを持たせています。その厚みで足を保護しているのですが、実はそのソールの厚みが足本来の機能を奪ってしまっています。

足本来の機能をフルに発揮するには、「裸足」が一番です!

しかし、世の中の道には様々なものが落ちています。

裸足で走ると怪我をする可能性がかなり高くなりますので、あまりおすすめできません。

というか、芝生の上でもない限り裸足では歩かないですよね(笑)

このビブラムファイブフィンガーズは、裸足感覚なのですが、怪我のリスクを減らしてくれます。

ソールは、薄いですが少し硬めの素材なので、砂利を踏んだら痛いですが、怪我はしません(笑)

慣れるまで砂利踏んだら痛いです(;^_^A

5本指

この5本指はこのシューズでしか体感できないのですが、わかりやすく言えば、

5本の指で大地を鷲掴みしている。

感覚です。

私は今まで色々なシューズを履きましたが、初めての感覚でした!

地に足がついているってこれを言うんだって思ったくらいです。

さらに、今までどれだけ靴に頼っていたかが分かります。

指が完全に独立していますので、指が広がります。

試しに、グランドを走ったことがありますが、普通のシューズより踏ん張りが効くので、コーナーリングがとてもしやすいです。

足の指が広がることで、岩場やテトラポットの移動が楽になります。

トレイルランはまだ経験がありませんが、ビブラム社は元々山登り用のシューズを作っている会社ですから、この5本指は山ではとてつもない威力を発揮します。

歩き方の癖が分かる

自分の歩き方の癖が分かります。

先日、整体を受けた時に「足の外側に疲労があるから、外加重になっています。」と言われました。

自分では意識していなかったのですが、最近はファイブフィンガーズも5本指靴下も使っていませんでした。

そこで、久しぶりにファイブフィンガーズと5本指靴下を持ち出したのです。

娘のチアのイベントの送り向かいで、待ち時間が3時間ほどありましたので、ホームセンターやリサイクルショップをウロウロしてきましたが、足の外側がパンパンです(笑)

さらに、親指の先が地面についていない「浮き指」にも気が付きました。

この「浮き指」は、足全体に加重がかからず踵と指の付け根の2点加重になる為、身体のバランスが崩れ膝痛や腰痛の原因にもなります。

幸い、私の場合は親指だけが浮き指ですので、まだ修正が出来そうです。

今まで、靴下の親指部分が良く破れるはずですね(;^_^A

癖の判断の仕方ですが、内加重ならうち側に疲労が残りますし、外加重なら足の外側に疲労が残ります。

1時間もウォーキングをすれば直ぐにわかります。(笑)

バランスの癖が分かる

自分の体幹バランスが、前なのか後ろなのかもわかります。

私の場合は少し後ろ加重です。

ですから、ファイブフィンガーズを暫くあるくと、踵に疲労感が出てきます。

いつの間にか「踵歩き」に戻っていたようです(;^_^A

マラソンのトレーニングのさぼりすぎですね(´;ω;`)ウゥゥ

子供達のイベントで、立っている時間が長くなると膝の痛みが出るのも、この踵加重にも原因があります。

正しい歩き方や走り方が身に付く

ビブラムファイブフィンガーズでジョギングをするには、それなりの慣れが必要になってきますが、少し前にあったドラマ「〇王」でも話題になった、ミッドフッド走法が見に付きます。

ミッドフッド走法とは、足の裏全体で着地をして、着地の衝撃を分散させる方法ですが、これが一番理想的な着地方法だと言われています。

足の裏全体で着地し、明日の裏全体で体を前に押し出す走り方が、身体の負担を軽減して、筋肉の疲労を軽減する走り方です。

また、ウォーキングの場合は、踵から着地し、踵から足の親指の付け根まで、足の裏の外側に沿って加重をかけていくイメージで歩きます。

こんなイメージです(#^.^#)

普通の靴に比べて、ソールが薄く、5本指なので、歩き方も走り方もきちんとしていないと、歩けませんし走れません!

その分ちゃんと時間をかけて使って鍛えることで、故障しにくい足を作ってくれます。

 

ファイブフィンガーズのデメリット

高い

マジで高いです(笑)

15,000円します(;^_^A

私も、数年前に購入したファイブフィンガーズをいまだに使用しています。

まぁ、簡単に壊れるものではないので、使える限り使います。

買い替えも検討していますが、高いのでもうしばらく先になりそうです。(笑)

痛い

砂利道は慣れるまで痛いです(;^_^A

砂利道に入る時は、そろりそろりはいってください。

アスファルト舗装でもたまに穴があったりして、その角を踏むと痛いので用心が必要です。

撥水効果0

雨の日は秒殺で濡れます(笑)

防水効果は期待してはいけません。

故障のリスクが高くなる

足本来の機能を取り戻して、故障しにくい足を作ってくれるファイブフィンガーズですが、その足を手に入れるまでにはそれなりの時間を必要とします。

走り慣れたランナーの方でも、いきなりランニングに使用したら故障する可能性があるので、ウォーキングから始める必要があります。

私も、2週間ほぼ毎日ウォーキングをしてから、スロージョギングに移行して、ランニングをして、距離を伸ばしていきました。

最終的にはハーフマラソンの大会にファイブフィンガーズで出場しようかと考えるほどまでトレーニングをしましたが、結局トレーニング以外には使用していません(笑)

ビビりなので(笑)

 

まとめ

本来、裸足で走ることが足のパフォーマンスを一番発揮できます。

が、私達は普段の生活では靴を履いて生活をしています。

その靴は、私達の足を保護してくれているのですが、足本来の機能を封印してしまっていることも事実です。

ビブラムファイブフィンガーズは、裸足の良い部分と、靴の足を保護する部分の両方の良いとこどりをしているシューズです。

使い始めは、少し履きにくいと思います。

裸足で履いても良いですが、5本指のソックスを履いても良いと思います。

私の場合は、右足の真ん中の指三本が奇形しています。

骨は奇形していません。

長距離になると、その指に負担がかかり、内出血を起こすことがあるので、保護の意味も含めて5本指のランニングソックスを使用しています。

履き心地は裸足の方が気持ち良いですよ!

ご自宅の近くのアウトドアショップやシューズ店で取り扱っていれば、試し履きできると思いますので、是非、試し履きをしてみてください!

ちなみに、長崎市内なら出島ワーフのアウトドアショップ「ネイティブグリーン」で取り扱っていますよ!

では、今日はこの辺で(#^.^#)

ありがとうございました。(#^.^#)




この記事を書いている人 - WRITER -
seiichi
どうも!seiichiです。とにかく自分がドキドキして楽しい事を発信しています!詳しいプロフィールはプロフィールページばみてね!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ドキドキLife , 2018 All Rights Reserved.