人生に疲れた時に読む、最初のページ「人生は自己責任」

メンタルヘルス
R2.9.27(日)に放送された、林先生の初耳学の番組中で、市川猿之助さんが
「人の意見に左右されてはいけない。人は意見は言うが、何の責任もとってくれない」
と話されてました。実はこのことは、かなり前に私もTwitterで発信していた言葉です。
 
そして、このブログのサブタイトルになっている「人生は楽しんだもん勝ち」という言葉が生まれるきっかけにもなった言葉です。
 

人生は楽しんだもん勝ち!ドキドキワクワクした人生を送りたい!

そんな人生を本気で目指している

ドキドキlife seiichiです。

 

人生は自己責任

スポンサーリンク
 
皆さんは何かに迷った時、どうしていますか?親・兄弟に相談したり、友人や知人に相談することがあると思います。しかし、それで本当にその迷いが解消したことがあるでしょうか?
答えはNOだと思います。下手をすれば、相談し助言をしてくれた通りに行ってうまく行かずに、助言をしてくれた相手を恨むこともあるかもしれません。
何故、そうなるのでしょうか?
 

他人の人生は他人事

皆さんは自分に置き換えて考えてみてください。誰かに何かを相談されたとして「助言」をしたとします。「その助言通りに実施したのに、うまく行かなかった!責任を取れ!」と言われたら責任が取れますか?責任はとれませんよね?
それどころか、助言はしたけど、それを実行しろとは言ってないし、実行したのはお前だろう!と言いたくなりますのね。
つまりは、助言を求められたから、自分の思いつく範囲内で助言はするけど、「お前の人生はお前で決めろ!」なのです。
 

自分の人生は自分の人生

あなたが何かを始める時、色々と言ってくる人も沢山居ると思います。良いことを言う人もいれば、批判する人もいるでしょう。
これもまた、色々言う人たちは、全くその発言に責任をもってくれません。私が起業してデイサービスを開業した時も、色々と言われました。
応援する声もあれば、批判することもありました。
そして、そのデイを4年で閉鎖することになりました。その時に、デイの買取等の話を持ち掛けてくれた友人は立った一人だけでした。
その他の人たちは、「バタバタしているだろうと思って・・・」などの、当たり障りのない言葉を並べて、何のアクションも起こさなかったのです。
つまりは、色々言ってくる奴に限って、上手くいかなかった時に離れていくのです。
多分、私のデイがうまく行って、私に金銭的な余裕が出来ていたら、はじめは批判していた人たちも手のひらを返して近寄ってきたと思います。
 

自分の思うように進んだ方が人生は充実する

結局は何をするにしても、「他人は意見や助言はするが責任は取らない」のです。それなら、自分を押し殺して、我慢を続ける人生よりも、自分のやりたいことをやる人生の方が遥かに充実するのです。市川猿之助さんも言っていましたが、何かを始める時に色々言われることは「無視」です。そして結果を出せば、批判していた人達は黙るし、応援してくれた人たちは、さらに応援してくれるのです。
皆さんは、我慢し続ける人生と自分の思うように生きる人生はどちらが良いですか?
当然、「思うように生きる人生」というでしょう。
が、そのためにはクリアするための課題もある。
 

自分の思うように人生を生きるための課題

自分の思うように生きるためには、解決しなければならない課題も多いでしょう。例えば、収入の問題です。
この場合、やりたいことを続ける為に、収入を得る必要があるので、やりたいことで生活できるようになるまでは、別から収入を得る必要があるのです。
猿之助さんがこんなことを言っていました。
「好きな事で生活が出来るようになるまで、10年20年の時間が必要になるかもしれない。それまで我慢できる覚悟がなければ、それは好きなことではない。すぐにやめるべきだ」
です。
本当にその通りですね。
 

まとめ

自分の人生を充実させるためには、自分の思い通りに人生を進めていく必要があります。しかし、それはいつ叶うかわかりません。
そのためには、今自分の目の前にあることを、まじめに真剣にコトコト続けながら、チャンスを待つしかありません。
そのチャンスはもしかすると何十年も先になるかもしれません。そのチャンスが来るまでの期間を「待ち続けられる覚悟」がなければ、自分の好きな事をして人生を充実させることは出来ないのです。
私は、私のスケジュールで自分の好きな「講師の仕事」で生計を立てたいと思っています。
その為に、起業をしましたがうまく行きませんでした。
それでも、講師の仕事は続けています。次のチャンスをつかむためにです。
そして、このブログも、そのチャンスをつかむための手段の一つとして続けています。
皆さんも、本当に好きな事をして人生を充実させるために、好きな事を続けながら、今は不本意でも生活の為の仕事を続けてください。
その先に必ず、好きな事で生活出来る未来があると思います。
まだ私も実践出来ていませんが、これからもチャンスをつかむために続けていきます。
 
今日はこの辺で!
ありがとうございました。(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました